かたまりという感覚

Good morning.
今日の静岡は朝からかなりの大雨です
通勤、みなさん気をつけて行ってくださいね。
そして、月曜日!
またはりきっていきましょう!
さて、今日はネイティブが何気なく使っている英語をひとつ。
たぶん、みなさんも映画などではよく耳にしています。
でも、実際に使っている人はどのぐらいいるのでしょうか。
それは、

『you guys
です。
guyには、男の人という意味があります。
でも、これは必ずしも男の人に限定して使われるばかりではありません。
かなり頻繁に、会話では出てきます。
それと、友達や家族など、カジュアルな感覚の会話で使います。
Youはすでに、複数の意味も含むのですが、
you guysとつけて、相手が複数の場合にそれを
グループとしての塊」として、会話に出る時に使います。
男女混ざっていても、女子だけでも使われることもあります。
例えば友達と一緒にいる時に、
と友達がどこかに行こうとしていて、
また別の友達が私たちに、その場所に来るのかを聞いてくる時、
私と友達は、ふたりの塊としてみることができます。
なので、例えばの会話ですが、
 You guys are coming to the party, right? ふたりともそのパーティーにくるよね?
 Yes, we are. うん、いくよー。
という感じ。
あとは、お店やレストランなどに対しても、
You guys を使うこともあります。
お店という塊としてみているのでしょう。
ということで、結構頻繁に使われます。
ので、頻繁にカジュアルなシーンでは使ってみましょう!
Have a nice day!!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA