テレビに向かって言ってみる

今朝の静岡は曇っています。
早く暖かくなってほしいものです。
朝からテレビをつけると、色々なニュースが流れています。
くだらないものから、シリアスなものまで、
どの局も同じようなニュースです。
最近は耳をふさぎたくなるような悪いニュースも多くて、
とても嫌な気分になることもあります。
悪い、という表現ですが、
おなじみなのが、Badですよね。
でも口語的な英語でよく使われるのがこちら。

awful
これは、terribleに似ていて、
badよりもとても悪くて、ひどい、という意味が適しています。
なので、もし悪いニュースなどを見たり聞いたりした場合に、
That’s awful!』
というフレーズがぴったりです。
頻繁に使われるフレーズです。
(英語の動画などでよく、awful momentとかawful voiceとかいうタイトルで
有名歌手のずっこけ映像とかが紹介されていたりします。w)
ここ最近は聞きたくもないようなニュースも多いので、
独り言でも練習してみてください。
また会話の中で何かひどいなそれ、という話題が出た時には、
That’s awful!』
使ってみてくださいね。
Have a great day!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA