ないものはない

2月の始まりです。
早いですね。
February
月の英語の中でも、かなり発音しにくい月かもしれませんね。
発音しにくい音は、ぜひ何度も聞いてみて、
「実際に言ってみる」練習を
繰り返してみてください。
英語には当然ながら、日本語にない音が存在します。
代表的なものは、以前のブログにも書きましたが、
この『February』のほとんどが、
日本語にはない音かもしれません。w
例えば初めの、F。
早速、日本語にはありませんね。w
Fだけの音は、上の前歯と下の唇が当たり、
その間から息を吐き出す音で、
ふ〜ではなく、息だけの音、という感じでしょうか。
それにeが付くので、fe(フェ)という音になります。
辞書をみると、単語を区切ってくれる、
音節というのが載っている辞書があります。
Feb・ru・ar・y
この区切りごとで、それぞれの発音を練習して、
最後にくっつけてみる、というやり方をしたら
練習しやすいかもしれません。
または、単語の全体の音を聞いいて、
「自分が聞こえたとおりに覚える」
という方法も。
私は後者の方でした。
カタカナで『February』を表すとすると、
日本語では、フェブラリーになるのでしょうか。
でも、このカタカナ表記は無視して、
自分の聞こえたとおりに変えてしまえばいいんです。
本当はカタカナを使うのは、好ましくないとは思います。
それは、カタカナでは表現できない英語の音がたくさんあるからです。
でも、カタカナを使った方が覚えやすいよ、という場合は、
本当に聞こえたとおりに書いてみましょう。
フェブラリーにはならないはずです。
フェビュルァリィかな。w
難しい。
でも、ないものは表すことは難しいので、
やっぱり「英語は英語の音のまま」できれば
慣れるようにしてみましょう。
また、「これってカタカナではどうやって書けばいいんだろ」
と思うことがあったら、こっちのものです!w
それこそが「英語独特の音」です。
それに気が付いた(聞き取れた)のであれば、
次は、同じように言えるように発音の練習をする。
これでどんどん「英語の音」が身についていくはずです。
聞くだけでは、勿体無いです。
聞いて、真似して、発音する。
2月も頑張っていきましょう!
Have a nice day!!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA