アドリブ英会話

Good morning!
10年に一度と言われる寒波が来ているそうですね…
恐ろしい…w
寒さに弱すぎて、困ってしまいます。
さて、昨日は大好きな方々とのレッスンがありました。
レッスンでは、毎回英会話のスクリプト(会話)を
用意させて頂いていて、
それを練習していきます。
みなさんが英会話の勉強に使っている、
教科書やテキストの英会話にも、スクリプトがきっとありますよね。
エイミーとか、Takashiとかが出てきますよね。
(ちょっと古いかな。w)
会話というのは、日本語でも同じですが、
相手とのコミュニケーション」です。
でも、まずはしっかりとスクリプトに沿って、
その通りに練習ができて、
その通りに言えるようにします。
基礎、を整えます。
そして、その上で、できれば「応用」もできるように
さらに練習するといいと思います。
というのは、
実際の、対ひと、との会話では、
教科書やテキストのシナリオ(スクリプト)通りには
ならないのが普通だからです。
シナリオ(スクリプト)では、
エイミーが初めにTakashiに声をかけていても、
実際には、あなたか相手、
どちらが先に声をかけるか、
などというのは、わかりませんよね。
逆にシナリオ(スクリプト)通りにやろうとすると、
実際に違った場合に、結構混乱しちゃいます
相手が言い終わったら、
今度は私。
↑という順番とは限らないですよね。
エイミーが何かを言って、
よし、自分の番かと思ったのに、またエイミーが話し出すかもしれません。w
だから、シナリオ(スクリプト)通りの会話にならなくても、
ぜんぜん問題ありません。
コミュニケーション」であるということを
忘れずに、意識をしてみてください。
自分のセリフを覚えたら、
ぜひ相手が何を言っているか、にも耳を傾けて見てください。
その上で、落ち着いて会話をしたら大丈夫です
また、知っているフレーズを、アドリブで入れて見てください。
スクリプトの合間合間に、
教科書やテキストにはないフレーズを入れてみると
なんだか本物の会話のようになりますよ。
そして、どんどん本物の英会話にも慣れていくと思います。
使える英語は使う、
知っている英語は使う、
こんな風に言ってみようかな、という英語は言ってみる、
これでも合っているのかな、と思う英語でも
とりあえず言ってみる。
コミュニケーション」が図れればいいんです。
そう思うと、英語も難しい遠い国の言葉、
ではなくなるかと思います。
英会話の上達のコツです。
もしスクールに通われていたり、
海外に行く機会がある方は、
それ以外でも英語を話す機会があるのであれば、
そのチャンスをふんだんに使ってくださいね。
Have a great day!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA