アメリカの袋事情

昨日は夏が戻ったのではないかと思うくらいの
いい天気でしたね。最高の日曜日だったのではないでしょうか。
でも今日は一転して、気温が上がらない陽気のようです。
秋ですね。Fall is finally here!!
最近では日本でもハロウィンが定着して、
至る所でハロウィングッズを見かけるようになりました。
アメリカほどではありませんが、
イベントとしての浸透度も、以前に比べかなり高くなってきていますね。
お菓子や小物、コスチュームと、
様々なハロウィングッズが売られています。
皆さんも何か買われましたか?
お店でものを買うと、だいたい「ビニール袋」に入れてもらいますよね。
でも小さいものだったりすると、袋をもらえないときもあるかもしれません。
例えば旅行先で、同じような状況のときに、
「ビニール袋をください」
と英語で言う場合、何といいますか。
短い文章だから簡単かもしれません。
ただ、ポイントは日本語の
「ビニール」という言葉。
ビニールという英語は確かに存在します。「vinyl」という単語です。
「Can I have a vinyl bag?」
多分店員さんは、???となります。w
実はこれだと、残念ながら伝わらないんです
「ビニール袋」は
Plastic bag」と言います。
ちょっぴり硬そうな響きではありますが、
Can I have a plastic bag?」 
これでOKです。
簡単なので、袋に困ったら使ってみてくださいね。
ちなみに最近サインフランシスコでは、ビニール袋を置いてあるところは少なく、
日本と同じように有料になってきている場所もあるようですよ。
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA