教えるけど教えない

今日はまた少し寒くなるようです。
と言っても、あの厳しすぎる寒さではないと
信じてるので、なんとか乗り切って
春が早く来てくれると良いなと思って毎日過ごしています
もうすでにテレビでは、春からGWに向けての旅行のCMが流れていました。
きっと旅行は今からプランされる方も多いのでしょうね。
今年のGWは、休みの取り方によっては
かなり長い連休になるとか、そんなCMでした。
さて、海外旅行先でよく聞く英語のフレーズです。

Let me know.』
↑これです。
もちろん旅行先以外でもよ〜く使います。
これはもうLet me knowというひとかたまりで覚えてください。
私に教えてね、という意味のフレーズです。
「教えて」という言葉を英語で考えるときに、
teachという英語が思い浮かぶ事もあります。
でも、teachは勉強を教えたり、スポーツを教えたりと、
そういう教えるです。
でも、ここではどちらかというと「知らせてね」という意味の方になります。
そう考えると、「know」が使われるという事がわかると思います。
直訳すると、私に知るという事をさせてね、という事なので、
知らせてね、とイコールです。
日本語は難しいですね。
レストランやお店などで、
Let me know when you’re ready to order. 注文の準備ができたら教えてくださいね。
とか
Let me know if you need anything. 何か必要な事があれば言ってくださいね(教えてくださいね)
という英語を耳にする事も多いと思います。
感覚としては、「私に言ってくださいね」という感じでしょうか。
という事で、
Let me know if you need me.
(もし何かございましたら、ぜひHPをご覧ください。)
では、良い1日をお過ごしくださいね。
Have a nice day!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA