私、怖いのよ

アメリカに住んでいる友人から先日、
本場のハロウィンの様子がわかる写真が送られてきました。
アメリカでは、クリスマスの時の様に、
ハロウィンでも庭や家もデコレーションをします。
かぼちゃや蜘蛛の巣、など、少しはかわいらしいデコレーションかとおもいきや、
結構リアルで、こわ~いデコレーションの写真だったので、
かなり驚きました!
子どもだったら怖がってしまう子もいるのではないかな、
というくらい、結構怖いデコレーションでしたよ!
怖い
という英語はきっとみなさんご存知、「scary」ですよね。
では、自分が怖い思いをしている時、
「私、怖いわ」と言いたい時は?
これ、たまに間違った表現を聞くことがあるので、注意してみて下さい。
「I’m scary.」
ではありません。
↑これだと、「私って怖いのよ。」
になってしまいます。w
おどかす側であればいいのですが。w
そうではなくて、自分が怖い思いをしている、
「私、怖いわ!」という時は↓、
I’m scared!!
と言います。
そう、いわゆる受動態というやつです。
そういう難しいことはさておき、
「怖い、という思いをさせられている」
と考えると、受動・受け身で表現する理由が見えてきますよね。
Are you scary? or are you scared?
どっちですか?w
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA