誰でも使える万能英語

昨日のブログにも書きましたが、
今友人が台湾にいます。
中国のPM2.5がひどいということで、
ニュースにもなっていましたが、
どうやら台湾も手がざらつくような感覚があるそうです。
それはともかく、
台湾から送られてくる写真や、いろいろな話を聞いていると、
私も行きたくなります!
何かによって、自分が別の状態になる。
↑とてもわかりにくい日本語ですね。ww
たとえば、今のお話。
台湾にいる友達の話を聞いていると(←何か)
行きたいと思ってしまう。(←今までとは別の状態になった)
ということです。
こういう時、英語で表すとしたら、どう考えますか。
友達によって、自分が行きたい、と思わされた、
ので、「受け身」の文章を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろんそれでもOKです。
表現の仕方はたくさんあるので、どれが正解、はありません。
でも、もっとシンプルに考えることもできます。
その時に使えるのが、
make
という単語。
作る、という意味ですが、この単語は、
そのほかにもたくさーん意味があります。
たとえば、今の例のように、
友達によって、私が台湾に行きたい、という気持ちにさせられた時。
この『make』を使うと、
「You make me want to go to Taiwan.」
という感じです。
あなた(何か)が、が主語になるので、
受け身の文章の形にする、という複雑なことは避けられます。
意味は、「あなたが私を台湾に行きたくさせる」ですが、
自分が行きたいと思っていることには変わりないので、
こんな感じの表現ができます。
make』は万能なので、他にも、
It makes me sleepy. なんか眠くなっちゃうよ。(それが私を眠くさせる)
Ramen made me thirsty. ラーメンのせいで喉が乾いた。(ラーメンが喉を乾かせた)
(↑これは昨夜の私の状態です。w)
He makes me happy everyday. 彼は毎日幸せな気分にさせてくれるわ。(ひゅ〜w.彼が私を毎日幸せにさせる)
こんな感じです。
make』は誰でも知っている英語です。
それでたくさんの表現ができます。
Does this make you wanna study more?
これで、もっと勉強したくなりましたか?
I hope you do.
そう願って、
Have a nice day!!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA