近くの人にお願いしてね

先日朝のテレビで、
日本で働いている外国人が驚く日本のマナーの
特集をしていました。
以前と比べて、かなりの外国人の方が日本には増えましたよね。
働いている方たちなので、ビジネスマナーという点では、
日本のマナーは結構大変だと思います。
日本と海外の違い、
言葉も違えば、文化も違う。
だから面白いんですけどね
この番組を見ていて、ふと思い出したことがありました。
アメリカから帰ってきて、それほど経たない間に、
久しぶりに会う人たちと食事をする機会が多くありました。
そんな食事の席で、とっても違和感を感じたことがありました。
何度も起こったことなので、かなり記憶に残っているのですが、
テーブルを囲んで食事をしていて、私が一番隅に座っていました。
ナプキンやお醤油などが私の横に、壁と接して置いてありました。
私の隣に座っている人やテーブルを挟んで座っている人からは、
ナプキンやお醤油は手を伸ばさないと届きません。
そして、手を伸ばすと、その手は私の目の前を横切ります。
これ、アメリカではとても失礼とされています。
食事をしていて、どこからか私の目の前に手がうにょ〜んと伸びてきた時、
とーっても違和感を感じました。w
テーブルを挟んで座っている人なんて、
特に遠いので椅子からお尻を浮かせて手を伸ばしてしまいます。
アメリカでは、こういう風に欲しいものに手が届かない時は、
必ずそれに届く人にお願いをしてとってもらいます。
Can you pass me the pepper?(soy sauce?)
胡椒(お醤油)とってもらってもいいですか?
という風に。
(お醤油があんまりアメリカにはないので、胡椒にしました。w)
そう、これも文化の違いです。
決して失礼をしようと、腕を伸ばしたわけではないと思います。w
そしてお友達同士の食事ですので、特別気にしたわけではなかったのですが、
ただ、ものすごい違和感を感じたことを覚えています。
海外では、食事の席のマナーは特にたくさんありますので、
海外旅行や、留学の前には、
こういったマナーについても事前に下調べしていくのもいいかもしれませんね。
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA