英会話,英検,英語,意味,和訳,英語の勉強,バイリンガル,子供英語,子供英会話,バイリンガル,May.,5月,2019,

英語のフレーズを言えるようになるまでのプロセス

Happy REIWA!

ということで、「令和」始まりましたね!

そしてGW、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、Our daughter really likes music. And she also enjoy singing.

彼女の好きな歌の1つに「No more monkeys jumping on the bed.」という英語の曲があるのですが、

この曲のタイトルそのものが歌詞の中に出てきます。

このフレーズ、7単語、を1歳7ヶ月の時に歌えるようになりました。

そうなるまでのプロセスをシェアしようと思います。

はじめはもちろんその曲を聞いているだけでした。

でもとても真剣に耳を傾けていました。w

なんどもなんども繰り返し聞いていました。

そのうち、メロディーを少しずつ口ずさむようになります。

そこに今度は歌詞をところどころつまんで言えるようになりました。

でも全部の歌詞を言えるわけではないので、

とりあえずそのフレーズのリズムで言えるようになりました。

Uh~ Uhuh~ Uh~Uh~ Uhuh Uhuh Uh~.
(no more  monkeys jumping on the bed)

↑こんな感じでしょうか。

文字にすると表現が難しいのですが、

フレーズのリズムをまず身につけて、そこに後から言葉を乗せていく、

という感じでしょうか。

まだ普通の会話も7単語続けてなんて話せない娘ですが、

このフレーズ「No more monkeys jumping on the bed.」

これは言えるんです。

これから大人の私たちが学べるヒントは、

『英語のリズム』を自分の中に染み込ませること!

それはイントネーションを含むリズムです。

英語には日本語にはないリズムがあります。

一つ練習したいフレーズを選んで、先ほどのプロセスを真似してみると

スピーキングの練習になります。

まずはネイティブの人の発音を聞きましょう。

繰り返し繰り返し聞きましょう。

聞こえてくる「リズム」を口ずさんでみましょう。

そこに徐々に徐々に単語を乗せていきましょう。

最後はリズムに全部の単語を乗せましょう!

これで、ネイティブと同じように英語のフレーズを言えるようになるでしょう!

ということで、子供の習得力から学ぶことは多いですね。

ぜひ試してみてください。

では、Enjoy the rest of your GW!

Good night!