息、大丈夫ですか

いよいよ週末がやってきます!
きっと今日はハロウィンパーティーだ!という方もたくさんいらっしゃるのでは。
さて、私は時々テレビの副音声を使って英語を聴いてみます。
当然、副音声の方は声のみなので、姿は見えないのですが、
「あ、この人きっと日本人だな」
とわかる時があります。
副音声の英語に限らず、
聞いていて、ネイティブに近い、流暢な英語なんですが、
これはきっと「日本人が話している英語」だな、と感じる時があります。
それって何だろう??
と、ずっと考えていました。
発音もきれいだし、なめらかに流暢に話されるし、イントネーションもあるし。
何だろう??
以前、英語の音と音楽、というブログで、
英語には独特の音、「英語の音」がある、ということを書きました。
その内容をふと思い出したのですが、
多分、そこに関係してくることだと思います。
発音も、イントネーションもネイティブ並なのに、
どこか日本人よりの英語、に聞こえるのは、
英語の音」が単純に
弱い
のではないかなと感じました。(私の主観です。)
弱いって何?と思われるかもしれませんが、
多分
息の使い方」や「息を吐く量」が違うのだと思います。
ネイティブの歌手の方の歌と、英語を話さない日本人の歌手が歌っている英語の歌、
を聴き比べてみて下さい。
曲ではなくて、英語の音と音楽、のブログで書いた、「英語の音」を聴き比べます。
ネイティブの洋楽を聴いてから、日本人の歌手が歌っている英語の曲を聴くと、
その差がはっきりわかります。
弱い」ことがわかります。(どこか、ソフトに聞こえます)
でもこれが、英語を話せる日本人の歌手(バイリンガルなど)であると、話は別です。
ちゃんと英語の音が、「強い」んです。
英語って、奥が深いですね。
色んなことを意識して、ネイティブみたいに話せるようになりましょう!
では、今夜に向けて。
Enjoy your spooky night!!
[SPICY ENGLISHのHP] http://spicyenglish.wpblog.jp/
[Twitter] Follow me@spicyenglish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA